家づくりに関わる経費-3-

―建築工事関連―

  • 住生活基本法による経費
    住生活基本法の実施以来、住宅に関する扱い方が変わってきました。住宅の性能表示や長期優良住宅の制度が普及し、住宅の暇庇担保責任など、基本的には良い住宅の建設に向けて消費者を保護しようとしている制度で主しかし、これらの制度を実行するために、改めて負担しなくてはいけない経費も生まれてきました。

本来は建て主の任意で行うものですが、特に長期優良住宅に関しては、さまざまな優遇がありますので、経費をかける価値もあります。単純に考えれば、先の建築確認申請を、より高い基準で精密に行うことで、特定行政庁による認定を受けるもので五検査も行いますが、登録住宅性能評価機関によるサポートがあり、詳細を準備申請するにも検査をするにも経費がかかります。

また、こうした申請書類や士事期間中の住宅屠歴情報も保管されなければ意昧がありません。これも定められた住宅情報サービス機関を利用して保管しておく必要があり、経費が発生します。こうしたもろもろの経費を考えると、煩わしく感じますが、あらかじめ知っておき準備をすることで、計画をスムーズに進めることができます。住まいづくりには、避けて通れないポイン卜のひとつです。