家づくりに関わる経費-1-

―建築工事関連―

建築工事に関することでも、直接的な工事費以外に、経費としてかかる費用もいろいろな項目があります。その多くは避けることのできない経費です。請負工事契約とは別に、しっかり項目をチェックしておきたいものです。

  • 地耐力調査費
    工事費の正確な見積もりを出すためにも必要なのは、地耐力調査費です。建設しようとする土地の、地盤の状況を調べなければどのような基礎工事が必要であるか判断できません。支持地盤までの深さや1㎡あたりの支持力を、スウェーデン式貫入テストで判断します。なによりも、地盤の強さを知ることは、地震に対する安心感になります。特に建て替えなどで、これまで無事に住んできたから必要ないと考えたくなることもありますが、データがなければ保証の対象とならないので、避けることはできない調査費用です。

 

  • 建築確認申請費・設計費
    一般的な地域では、建築物は着工前に特定行政庁への建築確認申請を必要とします。本来は建て主が申請するべきもので、印鑑も必要です。建築確認申請には、所定の申請費用と同時に、建築士が確認している建築物の図面や構造計算書などを提出します。これらの書類も本来は施主が準備するべきものですが、設計を依頼している建築士や建設会社が代行することが一般的になっています。

これらが必要なケースは、設計契約を結ぶ場合で、建築家に設計を依頼しても同様であり、工事費とは別に設計料を払わなければなりません。