借りたほうが損をする?

家探しの選択肢

持ち家にするのか、賃貸にするのか…。これは家探しをする時に必ずと言っていいほど話題にされるテーマではないでしょうか。日本の賃貸住宅は国際的にも面積が狭く、家賃が高いのが実情です。何故かと言うと、新築から20~30年経つ古い賃貸住宅では空室が増えてしまうからです。そのため、20~30年かけて資金を回収するのではなく10年で元を取るよう損益計算をしています。それに加えて、借入金や減価償却を駆使して、相続税や所得税の節税対策を行ないます。戸建て住宅を細やかに建ててゆく手間に比べれば、借り手の顔が見えない賃貨住宅は手間が少なく効率的です。家賃を払いながら借りて住むということは、家主の10年の利回りを支援していると考えることもできるのです。逆にいえば、本来は10年もあれば元を取れるような建物に暮らしているということです。この点を考えるだけでも借りた方が得であるとは言えないでしょう。しかし、持ち家と比べて引っ越しがしやすいなど賃貸住宅にもメリットがあります。持ち家と賃貸のメリットを踏まえた上で、家探しを考えてみてはいかがでしょうか。